ここから本文です。

現在位置

ふるさと納税の使い道のご報告

平成29年度池田町ふるさと納税のご報告

平成29年度北海道池田町ふるさと納税は、前年(25,602件)を大きく上回る43,176件(寄附額6億2,826万6,132円)のご寄附を頂きました。全国の皆様からのあたたかい”想い”を寄せて頂き、誠にありがとうございました。使い道毎の受入額については下記のとおりとなっております。
 
寄附金の使い道 件数 寄附金額(円)
1 町政一般に関する事業 22,137  317,791,001 
2 子ども育成及び教育、夢づくりなどに関する事業 13,140 177,463,031
3 福祉及び医療などに関する事業 2,059 29,642,000
4 町有林野の育成と振興に関する事業 1,597 22,893,000
5 ワインの振興に関する事業 4,243 80,477,100
合   計 43,176 628,266,132
 

平成29年度ふるさと納税活用事業について

池田町ではふるさと納税制度を活用し、地域の優れた特産品を全国にPRするとともに、寄附金の活用事業を公表させて頂き、今後もご支援頂いた全国の皆様の”想い”にお答えをして、ふるさと納税の健全な発展を目指していきます。

1)町政一般に関する事業

ふるさと納税制度を活用して池田町及び十勝ワインやいけだ牛などの優れた地元産品を全国の方に知ってもらい、北海道池田町を身近に感じてもらえるようPRする費用に充てるほか、平成29年度からは町内の産業を活性化させる補助金に『ふるさと納税』を活用しています。

町にパン屋さんができました

★産業活性化事業(新規起業①)~寄附金充当額:500,000円★
パン屋が池田町から無くなってから数年、民家を改装してパン屋さんが誕生しました。
十勝産の小麦と自家発酵酵母を使用して作る添加物不使用のパンは安心でおいしいと評判。
また、メニューには町内農産物を使用したものを多く揃えております。
カフェスペースも併設されており、親子でパンを食べながらのんびりと過ごすことが出来る場所ですので、池田町へお越しの際は是非お立ち寄りください。

 

落ち着いた雰囲気の洋食屋さんができました

★産業活性化事業(新規起業②)~寄附金充当額:500,000円★
ホテルで9年間洋食調理を担当していた店主が習字教室を経営していた実家の一部を改装してOPENしました。
きまぐれごはん屋の名のとおりその時々でメニューが変わり、その日作れる料理をお客様に提供しています。
メニューのほとんどに十勝産品を使用するなど料理人ならではのこだわりを持ち、池田町産清見を使用した自家製ブドウジャムもそのひとつです。
昼は料理人として腕を振るい、夜は母から引き継いだ習字教室で生徒への指導を行っています。
落ち着いた雰囲気の店内には昔ながらの喫茶店のように、いつまでもいたいような緩やかな時が流れています。池田町へお越しの際は是非お立ち寄りください。

※その他の活用事業については『 産業活性化事業の実績報告』をご覧ください。
 

2)子ども育成及び教育、夢づくりなどに関する事業

子どもたちのふるさとを思う気持ちを醸成し、将来への夢を抱き育む『子ども夢事業』を行う団体及び個人に対する補助金に『ふるさと納税』を活用しています。

カナダのペンティクトン市にある姉妹校の高校生と交流を深めました!

★池田高等学校姉妹校交流事業~寄附金充当額:500,000円★
カナダのペンティクトン市にある3つの高校と池田高校は姉妹校提携を結んでいます。3年に1度、代表生徒が互いに姉妹校を訪問しあい、交流を図ってきました。平成29年度は、その交流の年ということで池田高校の生徒10名、そして池田高校のPTA会員1名、池田高校の校長と教員が代表としてカナダを訪問しました。
訪問中は、ペンティクトン市の姉妹校やホームステイ先との交流を通して、異なる生活・文化・習慣などを実体験し、相互理解と交流を深めました。

 

池田の小学生が沖縄の歴史や風土を肌で感じてきました

★池田町小学生道外派遣研修~寄附金充当額:6,734,660円★
池田町の小学校5・6年生の希望者44名が道外派遣研修として5日間、沖縄県読谷村を訪問。沖縄では「ひめゆりの塔」など戦争の歴史に触れ、民泊やさまざまな体験を通して、北海道とは異なる地域の生活・文化などを学んできました。

 
※その他の活用事業については『 子ども夢事業の実績報告』をご覧ください。
 

3)福祉及び医療などに関する事業

町民の福祉の向上と住みよい町づくりの推進を行うための事業に『ふるさと納税』を活用しています。

高齢者率41.4%になった町だから、保健・医療・介護を充実させていきます

★老人福祉事務事業(福祉施設改修費用、介護資格取得支援)~寄附金充当額:3,543,176円★
★老人施設入所事務事業(老人ホーム費用補助)~寄附金充当額:5,000,000円★
町では、特別養護老人ホームの費用の支払いが困難な方への補助や、福祉施設の改修費用の一部を補助しています。また、平成29年度からは介護支援専門員などの資格取得を支援しています。

 

4)ワインの振興に関する事業

全国初の自治体ワイナリーである十勝ワインを中心に町づくりを展開してきた池田町として、ワイン文化を広めるための振興活動や、極寒な池田町の冬を越冬できる『清舞』・『山幸』に次ぐ町独自のワイン用ブドウ品種の研究及び開発に『ふるさと納税』を活用しています。

氷点下20度の冬を超えられる白ワイン用のブドウを開発したい

★農業振興事務事業(ブドウ研究開発)~寄附金充当額:10,326,887円★
現在、赤ワイン用のブドウよりも寒さに弱い、白ワイン用のブドウのほとんどを後志地域に依存している状況です。国による国産ワインの表示ルールの厳格化も重なり、地元での原料生産の重要性が増しています。
そのため、氷点下20度を超える池田町の冬に耐えられる白ワイン用の原料ブドウをはじめとした町独自品種の研究や開発に取り組んでいます。

町主催のワインツアーが17年ぶりに復活できました

★ワイン文化継承研修事業補助金~寄附金充当額:4,187,800円★
昭和47年にスタートしたワインツアーが17年ぶりに復活をし、町民及び十勝ワイン関係者など19名で、米国のカリフォルニア州のナパバレーを含む西海岸3州を9日間訪問しました。『オーパス・ワン』や『ドメーヌ・シャンドン』といったワイナリーを視察して最先端のワインツーリズムやワインについて学んできました。また、日ごろ慣れ親しんでいる十勝ワインを改めて見直す機会にもなり、新鮮な気持ちで十勝ワインを味わうきっかけにもなりました。

 

北海道池田町ふるさと納税使い道~広報特集記事(平成30年6月号)

pdf(729.69 KB)
 

ふるさと納税で池田町を応援してください!

北海道池田町では各ポータルサイト及び書類申請による『ふるさと納税』の寄附受付をおこなっております。全国の皆様からのあたたかい"想い"によって、様々な事業を行っていくことができます。
どうぞ、引き続き池田町をご支援いただけますよう、よろしくお願いいたします。
各バナーをクリックすると、池田町へのふるさと納税の寄附をお申し込みすることができます。
 
ふるさとチョイス
楽天ふるさと納税
Yahoo!ふるさと納税

 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。


お問い合わせ

池田町ふるさと納税担当
電話:015-572-3112
FAX:015-572-5158
ホームページからのお問い合わせ

本文ここまで

ここからサブメニュー

ふるさと納税

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る