ここからメインメニュー

ここから本文です。


現在位置

郷土資料館特別展『旧国鉄池田機関区 絵画・写真展』の開催について

 明治37年に国鉄釧路線が開業し、池田駅と同時に「池田機関庫」が開設されて以来、池田町は、車掌区や保線区など多くの国鉄業務機関を擁し、昭和の終わり頃まで「機関区の町」「国鉄の町」として栄えました。
 この度、かつて「池田機関区」に勤務し現在は画家として活躍されている丸山正男氏から、当時の機関区内や鉄道の風景を描いた絵画、機関車や作業の様子などを撮りためた貴重な写真が、郷土資料館に寄贈されました。
 国鉄の合理化・民営化により池田機関区が廃止されてから30年余。これら丸山氏から寄贈された「池田機関区」にまつわる絵画・写真などを展示します。道展で入選した絵画作品やSL時代の機関区の日常を収めた写真など懐かしの「池田機関区」をご覧ください。

展示期間

 9月9日(日)~9月27日(木)
  ※金・土曜日、17・24 日は休館です。
  ※開館時間は、10:00~16:00です。

展示場所

 池田町郷土資料館(下記リンクをご覧ください)
http://www.town.hokkaido-ikeda.lg.jp/kikan/kyoiku/shakai-geijutsu/siryokan/4293.html



お問い合わせ

池田町教育委員会 教育課 社会教育係
電話:015-572-5222
FAX:015-572-5900
ホームページからのお問い合わせ

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る