ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。


現在位置

在宅酸素療法における火気の取扱いについて

在宅酸素療法における火気の取扱いにご注意
近年、在宅酸素療法実施中の火災事例が多く発生しています。
その多くがたばこの喫煙に関連したものです。厚生労働省によると、過去6年間で27件の事例があり26名が死亡、そのうち15件は喫煙が原因となっています。

重篤な健康被害事例について(日本産業・医療ガス協会 医療ガス部門まとめ(平成21年12月時点)
重篤な健康被害事例の発生状況
No. 発生年月 場所 年齢(性別) 被害状況 原因(推定含)
1 平成15年12月 静岡県 70代(男) 死亡(焼死) 喫煙
2 平成16年5月 東京都 80代(女) 死亡 (不明:火元は台所)
3 平成17年2月 栃木県 70代(男) 死亡 喫煙
4 平成17年3月 広島県 60代(男) 死亡(焼死) 喫煙(寝タバコ)
5 平成17年3月 福島県 80代(男) 死亡(焼死) 漏電(電気敷布)
6 平成17年7月 兵庫県 60代(男) 死亡(焼死) 喫煙
7 平成17年11月 広島県 70代(男) 死亡(焼死) (不明:寝タバコ)
8 平成18年3月 岡山県 80代(男) 死亡(焼死) (不明)
9 平成18年5月 東京都 80代(男) 死亡(火傷) 煙草の不始末
10 平成18年8月 京都府 80代(女) 死亡(一酸化炭素中毒) 喫煙(寝タバコ)
11 平成18年8月 兵庫県 60代(女) 重症(火傷)→死亡 喫煙
12 平成18年10月 京都府 70代(男) 死亡(焼死) 喫煙
13 平成18年12月 京都府 10代(女) 死亡 ストーブ
14 平成19年3月 長野県 50代(男) 死亡(焼死) 喫煙
15 平成19年3月 愛知県 40代(男) 死亡(焼死) (不明)
16 平成19年4月 千葉県 60代(男) 死亡(焼死) (不明)
17 平成19年5月 兵庫県 80代(女) 重症(顔火傷) 喫煙
18 平成19年11月 福島県 80代(男) 死亡 喫煙
19 平成19年12月 東京都 80代(女) 死亡 (不明:火元は台所)
20 平成20年3月 山口県 70代(女) 死亡 喫煙
21 平成20年11月 東京都 70代(男) 死亡 ライターで線香に着火
22 平成21年1月 奈良県 90歳以上(男) 死亡(焼死) ストーブ
23 平成21年2月 鹿児島県 50代(男) 死亡(焼死) 喫煙
24 平成21年3月 千葉県 80代(男) 死亡(焼死) ストーブか仏壇
25 平成21年5月 埼玉県 70代(女) 死亡(焼死) (不明:電源タップ付近)
26 平成21年10月 京都府 80代(男) 死亡(焼死) 喫煙
27 平成21年11月 兵庫県 60代(女) 死亡(焼死) (不明)
酸素は燃焼を助長する支燃性物質であるため、たばこのような小さな火でも急激に燃え上がります。
在宅酸素療法を受けている患者やその家族等は、酸素吸入時の火気の取り扱い等について、 以下の点を十分に理解して、酸素濃縮装置等をご使用下さい。
  1. 高濃度の酸素を吸引中に、たばこ等の火気を近づけるとチューブや衣服等に引火し、重度の火傷や住宅の火災の原因となります。
  2. 酸素濃縮装置等の使用中は、装置の周囲2メートル以内には、火気を置かないで下さい。
    家族の方へ~特に酸素吸入中には、その周りでたばこを絶対に吸わないで下さい。
  3. 火気の取扱いに注意し、取扱説明書どおりに正しく使用すれば、酸素が原因でチューブや衣服等が燃えたり、火災になることはありませんので、過度に恐れることなく、医師の指示どおりに酸素を吸入して下さい。
厚生労働省作成 啓発リーフレット (外部リンク)


お問い合わせ

池田消防署 消防課 予防係
電話:015-572-3119
FAX:015-572-5745
ホームページからのお問い合わせ

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る