ここから本文です。

療養の給付等

病気やけがの治療のために医療機関にかかったとき、医療費の7割が給付されます(自己負担は3割)。6歳未満の場合は8割70歳以上の場合も一定以上所得者を除き8割が給付されます(自己負担は2割※)。一定以上所得者7割が給付されます(自己負担は3割)。
※平成26年3月31日までに70歳に到達している方は、自己負担が1割に据え置かれています(一定以上所得者を除く)。
そのほかに、療養費、高額療養費、出産育児一時金、葬祭費の支給があります。
 

高額療養費の支給について

病院窓口での支払額が区分ごとに下記の額を超えた場合、申請により、超えた額の一部が高額療養費として払い戻されます。なお、区分ごとに赤字の金額に該当する場合は超えた金額の全部が払い戻されます。

◆70歳未満の方の場合(平成27年1月診療分以降)
同一世帯の国民健康保険被保険者で、同一月に、医療機関ごと、入院・通院の別にそれぞれの保険適用となる自己負担額が21,000円以上のものを合計した額が次の表の自己負担限度額を超えた分が払い戻されます。

自己負担限度額(月額)

適用区分(所得金額※1)

3回目まで

4回目以降※2

901万円を超える世帯

252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

140,100円

600万円超~901万円以下の世帯

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

93,000円

210万円超~600万円以下の世帯

 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

44,400円

210万円以下の世帯

57,600円

44,400円

住民税非課税世帯

35,400円

24,600円

※1 所得金額とは、国民健康保険税の算定の基礎となる基礎控除後の総所得金額などの合計額のことです。
 ※2 4回目以降とは、過去12ヶ月間に一つの世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合、4回目以降の限度
        額が表のとおりとなります。

 ※  世帯に70歳以上の方がいる場合、70歳以上の方の医療費を合算して計算します。


70歳から74歳までの方の場合
外来(個人単位)の限度額を適用後に外来+入院(世帯単位)の限度額を適用します。同一月の受診について計算するのは70歳未満の人の場合と同様です。

自己負担限度額(月額)

所得区分

外来(個人単位)

外来+入院(世帯単位)

現役並み所得者※1

44,400円

80,100円+(医療費―267,000円)×1%

一般

12,000円

44,400円

低所得Ⅱ※2

8,000円

24,600円

低所得Ⅰ※3

8,000円

15,000円


※1 現役並み所得者とは~70歳以上の国保被保険者のうち、1人でも課税所得が145万円以上の方がいる世帯
       に属する方をいいます。4回目以降の入院+外来の限度額は44,400円になります。

※2 低所得者Ⅱとは~世帯主と世帯に属するすべての被保険者が、市町村民税非課税の世帯の方をいいます。
※3 低所得者Ⅰとは~世帯主と世帯に属するすべての被保険者が、市町村民税非課税で、かつ、所得が一定基
       準以下の世帯に属する方をいいます。(公的年金収入のみの場合は80万円以下)

※ 75歳到達月は上記限度額が1/2となります。
 

◆高額な療養を受ける皆さんへ

  入院以外の外来診療についても、『認定証』(限度額適用認定証または限度額適用・標準負担額減額認定証)を提示することで、同一の医療機関(入院・外来は別)で同一月の窓口負担額を高額療養費の自己負担額までとすることができます。必要な方は、役場町民課保険係窓口で手続きをお願いします。
※70歳以上の現役並所得者及び、一般の方は、認定証は必要ありません。
 


 



お問い合わせ

池田町役場 町民課 保険係
電話:015-572-3114
FAX:015-572-4631
ホームページからのお問い合わせ

本文ここまで

ここからサブメニュー

国民健康保険

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る