ここから本文です。

現在位置

木質バイオマスの活用に向けて

これまでの経緯

 現在、町内各所でカラマツ人工林が伐採期を迎え、素材生産活動が活発に行われています。しかしながら、製材工場に出荷できない枝条等(以下、林地残材)が林地内に散在し、再び造林を行う際の支障になっています。林地残材の有効活用を図る事が出来れば、森林所有者の所得向上につながる事となります。
 当町では林地残材の有効活用に向けて、地域で話し合う場を設け、専門家の知見を活用するため、林野庁の補助事業である平成31年(令和元年)度「地域内エコシステム」構築事業に応募し、採択地域に選定されました。

令和元年度の取組

「地域内エコシステム」構築事業に採択された事から、今後、当町において木質バイオマスを活用した事業が可能か否か、専門家による事業可能性調査を行う予定としています。調査結果については、随時、協議会の中で共有し、あらゆる視点から検討を行います。

事業説明会・勉強会

協議会の立ち上げに先立ち、令和元年8月8日(木)13時30分より池田町社会福祉センター1号会議室において、事業説明会・勉強会を開催いたしました。町内外より9名が参加し、事業内容や木質バイオマスについて理解を深めました。
<当日のプログラム>
(1) pdfこれまでの経緯と池田町の取組内容(1.66 MB)
   発表者:池田町役場産業振興課林務係 主任 山本健太

(2) pdf事業の概要について(2.10 MB)
   発表者:一般社団法人日本森林技術協会 事業部林業経営グループバイオマスチーム
        専門調査員 窪江優美

(3) pdf木質バイオマス勉強会(1.99 MB)
   発表者:株式会社森のエネルギー研究所 北海道営業所 副所長 大矢仁
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。


お問い合わせ

池田町役場 産業振興課 林務係
電話:015-572-3118
FAX:015-572-5895
ホームページからのお問い合わせ

本文ここまで

ここからサブメニュー

森林・林業

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る