ここから本文です。

現在位置

お薬を適切に管理しましょう

ポリファーマシーについて

 ポリファーマシーとは、複数を意味する「ポリ」、調剤を意味する「ファーマシー」を合わせた言葉ですが、これは単に服用する薬剤が多いことではなく、多剤服用の中でも害をなすものが特にポリファーマシーと呼ばれています。

 ポリファーマシーは、多くの病気による複数の医療機関や診療科の受診等により処方薬全体の把握が困難になることから、処方される薬が増えたり、同じ成分の処方が多く存在することなどで薬物の有害リスクの増加や誤った方法での服用などの問題を引き起こす可能性がある状態を指します。

 

くすりの情報を1冊のお薬手帳にまとめましょう

 ポリファーマシーを解決するには、ただ処方する薬の数や量を減らせばいいというわけではありません。
 
薬を処方する医師、調剤をおこなう薬剤師をはじめとした医療にかかわるそれぞれの専門家と情報を共有することが重要です。そのためにも、お薬手帳は1冊にまとめ、受診する際には忘れずに持参をし、また、かかりつけ薬局を利用するなどして、服用している薬について積極的な情報共有を行いましょう。

 

関連リンク

ポリファーマシーに対する啓発資材の活用について(外部サイトへリンク)


お問い合わせ

池田町役場 町民課 保険係
電話:015-572-3114
FAX:015-572-4631
ホームページからのお問い合わせ

本文ここまで

ここからサブメニュー

保健

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る