ここから本文です。

現在位置

子どもの予防接種(定期予防接種、任意予防接種)

 予防接種は、病気に対する免疫をつけたり、免疫を強くするためにワクチンを接種することで、自らの病気を予防するとともに、病気が社会にまん延することを防ぐために行います。
 池田町では以下の通り予防接種を実施しています。詳細はpdfこちら(予防接種の受け方)(1.20 MB)もご確認ください。
[令和6年4月1日時点]
 

掲載内容

定期予防接種について

 定期予防接種は、予防接種法に基づいて行われており、全員が無料で受けられる予防接種です。お子様の健やかな成長のため、接種可能な時期に忘れずに接種しましょう。

定期予防接種の種類

種類 予防できる感染症
ロタウイルスワクチン 感染性胃腸炎(ロタウイルス)
B型肝炎ワクチン B型肝炎
Hib(ヒブ)ワクチン Hib(ヒブ)感染症
(細菌性髄膜炎、喉頭蓋炎 等)
小児肺炎球菌ワクチン 小児肺炎球菌感染症
(細菌性髄膜炎、敗血症、肺炎 等)
4種混合ワクチン ジフテリア、百日ぜき、破傷風、ポリオ
【令和6年4月~開始】
5種混合ワクチン
ジフテリア、百日ぜき、破傷風、ポリオ、ヒブ
BCG 結核
麻しん・風しん混合ワクチン 麻しん・風しん
水痘ワクチン 水痘(みずぼうそう)
日本脳炎ワクチン 日本脳炎
二種混合ワクチン ジフテリア・破傷風
子宮頸がん(HPV)ワクチン HPV感染症(ヒトパピローマウイルス)
 

月齢に応じた接種時期の目安

 予防接種は生後2か月から開始します。
 接種が必要なワクチンの種類が多い1歳までの接種スケジュールは、町の保健師が生後1か月ごろに新生児訪問をする際に一緒に考えます。

 「標準的な接種スケジュール(接種時期の目安)」

 予防接種について、心配なことがありましたら、お気軽に保健センターや接種を担当する医師へご相談ください。
★予防接種の同時接種について★
 予防接種は、同時に接種することが可能です。異なる種類のワクチンとの接種間隔については下記をご確認ください。

pdf「予防接種の接種間隔について」(345.20 KB)
 

実施医療機関

 予防接種は以下の4つの医療機関で接種が可能です。実施医療機関以外での接種を希望される場合には、保健センター保健推進係(☎015-572-2100)までお問合せください。
 
十勝いけだ地域医療センター
電話番号 予約 受付時間
015-572-3181 必要 【火※祝日、年末年始を除く】14時~16時
★子宮頸がんワクチンのみ
⇒【月・水・木・金】13時30分~16時15分
【注意事項】
・予防接種の種類により事前に予約が必要です。
・13歳未満は、必ず保護者が同伴してください。
 
豊川小児科内科医院
電話番号 予約 受付時間
0155-32-2310 不要 【月・火・木・金】
8時~11時/14時~17時30分
【水・土】
8時~11時
【注意事項】
・日本脳炎ワクチンは7歳半以上は実施していません。
・子宮頸がんワクチンは実施していません。
5種混合ワクチンの実施は現在調整中のため、決まり次第、対象となる方へ個別に通知します。(令和6年4月1日時点)
 
くりばやし医院
電話番号 予約 受付時間
015-572-3000 必要 【火・木】
9時~11時/14時30分~17時
【月・水・第1・3金・第1・3日】
9時~11時
【第2・4金】
9時~11時/16時30分~19時
【注意事項】
・日本脳炎ワクチン、子宮頸がん(HPV)ワクチンのみ実施しています。(日本脳炎ワクチンは9歳以上、子宮頸がん(HPV)ワクチンの9価ワクチンは15歳以上
・小中学生は、必ず保護者が同伴してください。
 
藤田クリニック
電話番号 予約 受付時間
015-572-6020 必要 【月・木】
9時~12時/15時30分~18時30分
【火・金】
9時~12時/14時~17時
【水】
9時~12時
【注意事項】
・日本脳炎ワクチン、子宮頸がん(HPV)ワクチンのみ実施しています。(日本脳炎ワクチンは9歳以上
・小中学生は、必ず保護者が同伴してください。
 

接種料金・持ち物について

①接種料金:無料  ※接種対象の年齢を過ぎると任意接種(有料)になります。
②母子健康手帳
③健康保険証
④乳幼児等医療費受給者証
⑤事前に必要事項を記入した予診票(※)
⑥診察券(お持ちの方のみ)
(※)予診票は、新生児訪問もしくは個別通知でお渡ししています。転入や紛失等によりお手元にない場合は、医療機関には予備がありませんので保健センター(☎572-2100)へお問合せください。
★ネットからも予診票の再発行申請ができます!
こちらのURL(https://www.harp.lg.jp/fcm229LT)よりご連絡ください。
 

日本脳炎ワクチン

 日本脳炎ワクチンの対象となる方には、4月に個別通知を送付しますので、忘れずに接種を受けましょう。
 ※個別通知は、下記対象の(1)に該当する方→標準的な接種年齢に達する年度(1期の場合は3歳になるとき、2期の場合は9歳になるとき)、(2)に該当する方→18歳になる年度に送付しています。

対象年齢

<1期>

 (1)平成21年10月2日以降に生まれた方(生後6か月~7歳6か月になる前日)
   ⇒標準的な接種期間は、1・2回目が3~4歳になる前日、3回目が4~5歳になる前日の期間
 (2)平成19年4月1日以前に生まれた方(20歳になる前日まで)

<2期>

 (1)平成21年10月2日以降に生まれた方(9歳~13歳になる前日)
   ⇒標準的な接種期間は、9~10歳になる前日の期間
 (2)平成19年4月1日以前に生まれた方(20歳になる前日まで)


※予防接種の副反応により、予防接種を控えていた時期があり、全国でも予防接種を受けられなかった方がいるため、1期・2期ともに上記の(2)に該当する方は特例措置の対象となります。
※道外からの転入や任意接種等で、すでに日本脳炎ワクチンを接種したことがある方は、残りの回数をそれぞれの対象年齢内に接種することができます。

対象年齢外で接種した場合には、任意接種(有料)となりますので、ご注意ください。

接種回数・接種間隔

接種回数 接種間隔
1期 3回 【1回目】【2回目】は、6~28日あける
【2回目】【3回目】は、6か月以上(標準的には1年)あける
2期 1回 【3回目】【4回目】は、6日以上(標準的には5年)あける
実施医療機関接種料金、当日の持ち物についてはこちらをご覧ください。
 

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)

 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)は、平成25年6月から積極的勧奨を控えていましたが、接種による有効性が副反応リスクを上回ることが認められたため、国の方針に基づき、令和4年4月より積極的勧奨を再開しています。
 

 キャッチアップ接種についてはこちらをご覧ください。
 厚生労働省が提供している子宮頸がんワクチンの情報についてはこちらをご覧ください。

対象者

 接種日に池田町に在住する、小学6年生から高校1年生相当の年齢の女子(標準的な接種期間は、中学1年生)
※中学1年生の方には、4月に個別に通知をお送りします。小学6年生の方で接種を希望される場合は、保健センター保健推進係(☎572-2100)までお問い合わせください。

使用ワクチン

 ①サーバリックス(2価ワクチン)
 ②ガーダシル(4価ワクチン)
 ③シルガード9(9価ワクチン)

 ※3種類のワクチンから選択します。
 
 サーバリックスおよびガーダシルは、子宮頸がんを起こしやすい種類(型)であるHPV16型と18型の感染を防ぐことができ、それにより子宮頸がんの原因の50~70%を防ぎます。
 シルガード9は、HPV16型・18型に加え、ほかの5種類のHPVの感染を防ぐため、子宮頸がんの原因の80~90%を防ぎます。
 公費で受けられるHPVワクチンの接種により、感染予防効果を示す抗体は少なくとも12年維持される可能性があることが、これまでの研究で分かっています。
 子宮頸がんワクチンについての情報はこちらからご覧になれます。
 

接種方法

・筋肉内注射で2回または3回接種します。
 ※2回で接種を完了できるのは、シルガード9(9価ワクチン)を小学6年から15歳の誕生日の前日(15歳未満)までに受けた方のみです。それ以外の場合は3回接種となります。

・原則、すべて同じワクチンを接種します。ただし、サーバリックス(2価ワクチン)もしくはガーダシル(4価ワクチン)をすでに1回または2回接種した方がシルガード9(9価ワクチン)の接種をしたい場合には、医師とよく相談したうえで、残りの接種についてシルガード9(9価ワクチン)を選択することは差し支えありません。

ワクチンの種類によって接種スケジュール、接種間隔が異なりますので、詳しくはpdfこちら(子宮頸がんワクチンの接種スケジュール等について)(244.19 KB)をご確認ください。
 
実施医療機関接種料金、当日の持ち物についてはこちらをご覧ください。
※接種後に失神や急な副反応がおこる恐れもあるため、保護者同伴が原則ですが、13歳以上のお子様で事情により保護者が同伴できない場合には、予診票裏面の保護者自署欄に忘れずに署名してください。
 

キャッチアップ接種について

 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の定期接種の積極的勧奨の差し控えにより、接種機会を逃した方にも定期接種(キャッチアップ接種)を行っています。

対象者

 下記の①②どちらにも該当される方が対象です。
 ①接種当日に池田町に在住している平成9年4月2日~平成20年4月1日生まれの女性
 ②過去にHPVワクチン接種を3回完了していない方

対象となる期間

 令和4年4月1日~令和7年3月31日までの3年間
 ※対象者には個別通知を送付しています。詳細はそちらでご確認ください。
 

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)を任意接種された方への償還払いについて

 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種について、積極的勧奨を差し控えていたことにより公費で接種できる機会を逃した方が、定期接種の期間を過ぎたあとに自費で接種した場合は、接種費用の助成(償還払い)を行います。
 助成を希望する方は、以下の項目をよくお読みの上、期限までに申請してください。

対象者

 次のすべてに該当する方が対象です。
  1. 平成9年4月2日~平成17年4月1日までに生まれた女性
  2. 令和4年4月1日時点で池田町民の方
  3. 16歳となる年度の末日までに3回接種が完了していない方
  4. 17歳となる年度の初日から令和4年3月31日までに国内の医療機関でHPVワクチン(サーバリックス、ガーダシル)の任意接種を受け、実費を負担した方
  5. 償還払いを受けようとする接種回数分について、キャッチアップ接種を受けていない方

申請方法

 以下の必要書類を保健子育て課保健推進係へ提出してください。
必要書類】
docxヒトパピローマウイルス感染症に係る任意予防接種償還払い申請書(26.10 KB)
・接種記録が確認できる書類(母子健康手帳、予診票の写し、予防接種済証 等)
・接種費用の支払いを証明する書類(領収書、明細書 等)の原本
・接種した方の本人確認書類(申請時住所記載の運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード 等)
 ※申請者と接種者が異なる場合は双方のもの
・振込先金融機関口座のわかるもの
 ※接種を確認できる書類がない場合はdocx「申請用証明書」(15.59 KB)を接種医療機関へ持参し、記入後に提出してください。なお、証明書の費用は自己負担となりますので、予めご了承ください。
 ※接種費用の支払いを証明する書類がない場合は、保健センター保健推進係(☎572-2100)までお問い合わせください。

 

申請期限

 令和7年3月31日まで
 

子宮頸がん予防ワクチンに関する情報について

 接種する前に厚生労働省が提供している子宮頸がんワクチンに関するリーフレット等を必ず確認し、効果とリスクを十分に理解した上で接種を受けるようにしてください。    

任意予防接種について

 池田町では、保護者の方の経済的負担の軽減とお子様の健やかな成長を目的に、下記の任意予防接種に対して費用助成を行っています。
 任意予防接種は義務ではありませんので、事前に効果や副反応等を確認の上、接種を受けるようにしてください。

助成対象となる予防接種

予防接種の種類 助成対象年齢 助成金額 実施医療機関
おたふくかぜ 1歳~中学3年生 1回5,500円以内の接種実費額 【予約不要】十勝いけだ地域医療センター
【要予約】くりばやし医院、藤田クリニック
インフルエンザ 高校3年生以下
または
妊婦
1回1,650円以内の接種実費額 十勝いけだ地域医療センター、くりばやし医院、藤田クリニック、池田桜通診療所
※インフルエンザの予防接種の詳細は、広報いけだでお知らせします。(毎年10月頃)
接種日に池田町に居住している方が対象です。
 

助成を受ける方法や接種時の持ち物について

<助成を受ける方法>

●実施医療機関で接種される場合
 接種を受ける日に実施医療機関へ行き、申請書に記載をしてください。

●実施医療機関以外で接種される場合
 接種後に保健センター保健推進係へ助成の申請をしてください。後日、上記の助成金額を上限として、助成(償還払い)します。
【保健センターで申請する際に必要なもの】
 領収書、母子健康手帳または接種済証等の接種記録、振込先のわかるもの(※申請者される方ご本人(お子様の保護者が申請する場合は保護者自身)の振込先がわかるものをお持ちください。)

<接種時の持ち物>

 ①母子健康手帳
 ②健康保険証
 ③住所を確認できるもの
 ④接種料金(自己負担額が生じる場合)
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。
コンビニエンスストアなどでの印刷方法はこちらをご覧ください

お問い合わせ

池田町役場 保健子育て課 保健推進係
電話:015-572-2100
FAX:015-572-2862
ホームページからのお問い合わせ

本文ここまで

ここからサブメニュー

子どもの健康について

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る