ここから本文です。

たばこと健康

喫煙による健康への影響 

 たばこの煙には、約5,300種類の化学物質が含まれていて、そのうちの約70種類には発がん性物質が含まれています。これらの物質はがんや虚血性心疾患、脳卒中の原因となるなど、健康に悪影響を及ぼすことが証明されています。
 

なくそう!望まない受動喫煙

 本人がたばこを吸わなくても、他の人が吸っているたばこから
立ち上る煙やその人が吐き出す煙を吸い込んでしまうことを
受動喫煙」と言い、これらの煙が、がんや虚血性心疾患、脳卒中、
乳幼児突然死症候群、子どもの呼吸器疾患、ぜんそくの誘発などの
原因
となります。
 喫煙する場合は、ルールを守り、望まない受動喫煙を生じさせることがないよう、周囲への配慮をお願いします。 

7月1日から一部の公共施設が敷地内禁煙となります

 健康増進法の一部を改正する法律が公布され、池田町の公共施設のうち、下記が令和元年7月1日から敷地内禁煙となります。すでに受動喫煙対策を実施している施設も含みます。
役場本庁舎(社会福祉センター含む)、庁舎分室(教育委員会)、保健センター、十勝いけだ地域医療センター、高島診療所、小・中学校、利別児童会館、消費生活相談室、学校給食センター
 

加熱式タバコについて

 加熱式タバコ(葉たばこを加熱することによりニコチン含有エアロゾルを発生させて吸入するタイプ)は、健康影響や臭いが紙巻きたばこより少ないという期待から、使い始める方が増えています。 
 
[厚生労働省の現時点での評価] (厚生労働省 受動喫煙対策へリンク)
 加熱式たばこの主流煙に健康影響を与える有害物質が含まれていることは明らかであるが、販売されて間もないこともあり、現時点までに得られた科学的知見では、加熱式たばこの受動喫煙による将来の健康影響を予測することは困難。このため、今後も研究や調査を継続していことが必要。 

[日本呼吸器学会の見解] (日本呼吸器学会 禁煙のすすめへリンク)
 非燃焼・加熱式タバコや電子タバコの使用は、健康に悪影響がもたらされる可能性がある。非燃焼・加熱式タバコの使用者が呼出したエアロゾルは周囲に拡散するため、受動吸引による健康被害が生じる可能性がある。
 

 

世界禁煙デー・禁煙週間

・世界禁煙デー(5月31日)
 
世界保健機関(WHO)が禁煙を推進するために制定した記念日です。
 
・禁煙週間(5月31日から6月6日)

 厚生労働省は、世界禁煙デーから始まる1週間を禁煙週間として定め、禁煙や受動喫煙防止の普及啓発を行っています。
 

関係機関へのリンク

帯広保健所…「禁煙体験談」や「十勝管内で禁煙治療ができる医療機関」などが掲載されています。
北海道健康づくり財団 禁煙サポート…ニコチン依存度チェックや禁煙相談窓口が掲載されています。
厚生労働省 e-ヘルスネット(情報提供)
「喫煙と健康 厚生労働省 喫煙の健康影響に関する報告書に関する報告書(平成28年8月)の概要を知りたい人のために」(国立がん研究センター)

 


お問い合わせ

池田町役場 保健福祉課 保健推進係
電話:015-572-2100
FAX:015-572-2862
ホームページからのお問い合わせ

本文ここまで

ここからサブメニュー

成人・高齢者の健康

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る