ここからメインメニュー

ここから本文です。



在外選挙制度について

在外選挙制度

外国に住んでいる方でも「在外選挙制度」により国政選挙の投票ができます。
投票するには、在外選挙人名簿への登録を申請し、在外選挙人証の交付を受ける必要があります。

在外選挙人名簿への登録の申請には、出国後の住まいを管轄する在外公館(大使館・領事館)で申請する「在外公館申請」と、国外転出届出時にその市区町村の選挙管理委員会で行う「出国時申請」の2つの方法があります。

なお、在外選挙制度の詳細については、総務省のホームページをご参照ください。
 

登録申請対象者

 次の要件に該当する方。
 ・満18歳以上の日本国民
 ・在外公館申請の場合:引き続き3か月以上その方の住所を管轄する領事館(大使や総領事)の管轄区域内に住所を有する方
 ・出国時申請の場合:出国届出する市区町村の選挙人名簿に登録されている方

◎登録された方には、投票の際に必要な「在外選挙人証」が、所定の市区町村選挙管理委員会を通じて交付されます。
 

~投票の方法~


(1) 在外公館投票
投票記載場所を設置している在外公館で、在外選挙人証と旅券等を提示して投票します。
※投票記載場所の有無や投票の期間・時間等については、管轄の在外公館へお問い合わせください。
(2) 郵便等投票
在外選挙人名簿に登録されている市区町村の選挙管理委員会に、在外選挙人証を同封し、郵便で投票用紙を請求すると投票用紙が住所(登録時に希望した場合には、在留届の緊急連絡先) に郵送されます。投票は市区町村の選挙管理委員会に記載済みの投票用紙等を送付することで行います。
(3) 日本国内における投票
選挙の際に一時帰国した場合や帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間は、在外選挙人証を提示して国内で投票(選挙当日の投票、期日前投票、不在者投票)を行うことができます。 
 


お問い合わせ

池田町選挙管理委員会
電話:015-572-3111
FAX:015-572-5158
ホームページからのお問い合わせ

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る