ここから本文です。

現在位置

まちのできごと

十勝広域森林組合が町にマスク1000枚を寄贈

2020年5月25日

十勝広域森林組合(広瀬重雄組合長)が
5月25日、マスクを町に寄贈するため
役場を訪れました。

同組合は、新型コロナウイルス感染拡大による
マスク不足の状況から、本町を含め事業所のある
十勝管内5市町村にマスクを寄贈。
この日、広瀬組合長と小原秀樹代表理事が
来庁し、マスク1000枚を町に寄贈しました。
マスクは町内6カ所の福祉施設に配布しました。

勝井町長にマスクを手渡す広瀬組合長(右)


本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る